肝臓に異常を感じたら早めのケアを

「肝臓」は体の中でもっとも大きな臓器であり、解毒や代謝、そのほか多様な機能を備えた臓器です。

また再生能力が高く、ちょっとした事ではへこたれません。だからこそ、病気などにかかってしまったとき、すぐに症状が現れることがありません。

肝臓自身が「まだ頑張れる」と耐えてしまい肝臓に異常を感じる頃には、初期ではなくある程度症状が進行しまっていることも多いのです。

健康診断などで肝臓に異常が見られたときはもちろんですが、

  • 最近疲れやすくなったな
  • 昔に比べると食欲があまりない

と感じることがあれば、すぐに肝機能を改善させる行動を起こしたいものです。また日頃から肝臓に負担がかからないような生活を心がけることも大切ですね。


肝機能の改善にオルニチン

肝臓にはオルニチン

お酒が肝臓に負担をかけることは良く知られていますが、ストレスも肝臓に大きな影響を与えます。

仕事や人付き合いでストレスを感じることもあるでしょう。そのストレスがどんどん溜まっていくと、肝臓に負担がかかっていきます。すると肝機能も徐々に低下してゆくのです。

よく「自分はお酒を飲まないから肝臓に問題はない」と考える人がいますが、これは間違いです。特に若い世代で肝臓に病気がある人の多くは、疲労やストレスが原因と考えられています。

実は疲労やストレスが溜まると、お酒を飲んでいるわけではないのに有害物質のアンモニアが増え、常に肝臓が働いている状態になってしまうのです。

そこでオルニチンという栄養素の登場です。

オルニチンは赤身の魚やしじみに含まれる成分でアンモニアを分解・解毒してくれる働きがあります。体内のアンモニアが増えると肝臓にあるオルニチンが働いてアンモニアの分解をサポートしてくれるのです。

ですから、お酒を飲む人だけではなくストレスを抱えている人は肝臓の働きを助けてあげることができるオルニチンを含む食品を食べるようにしましょう。

また、タウリンには疲れてしまった肝臓を癒してあげる働きがあるので、タウリンも摂りたい栄養素の1つですよ。

オルニチンの補給を手軽なサプリで

パートナー


オルニチンやタウリンなどは魚介類に多く含まれる栄養素。しじみのお味噌汁は手軽なのでおすすめ。でも外食が多いとなかなか食べる機会もありません。そこで活躍するのがサプリメント。エキスがギュッと凝縮されており、肝臓も喜びますよ。


しじみ習慣 30日分 3,582円
http://www.sizenshokken.co.jp/shijimi/


一度試してみたいという人はこちら ↓

協和発酵バイオのオルニチン(しじみのサプリ) 15日分 1,543円500円
http://kyowahakko-bio-campaignx.com/


サプリ ランキング


日頃から肝臓に優しい生活を

肝臓のケアは日頃からの心構えも大切です。また改善だけではなく負担をかけない生活を送ることも必要でしょう。

  • ついついお酒を飲みすぎてしまう
  • 暴飲暴食が続いている
  • 偏った食事や外食が多い
  • 好き嫌いが多い

など、当てはまることはありませんか?実はこれら全て、肝臓に負担がかかってしまう生活パターン。このような生活を毎日ダラダラと続けていくと、肝臓病になってしまうリスクがあります。

肝臓病と診断されてから改善をしていくのは大変です。日頃から肝臓に負担がかからないような生活をしつつ、肝機能を改善してくれる食べ物(しじみ、レバー、海藻など)を積極的に食べると良いでしょう。

そうすることで肝臓への負担を減らし、ケアをしていくことが出来ます。また朝忙しくて朝食を抜く人がいますが、これは肝臓に負担がかかる行動の1つ。

朝食を抜くと午前中に必要なエネルギーを朝食から摂ることが出来ないので、肝臓に蓄えてある「脂質」をエネルギーに変えて使うことになります。

すると必要以上に肝臓を使うことになってしまうので、朝食を抜いた生活は、それだけで負担がかかってしまうのです。朝起きてすぐ物を食べる事が出来ないという人もいるでしょうが、軽めの食事でよいので食べるようにしていきましょう。

もしダイエット目的で朝食を抜いているのなら、まずは肝臓を健康な状態にしてからにしましょうね。


適度な運動も心掛けよう

さて、肝臓に出来るだけ負担をかけないようにするためには、どんなことを心掛けるようにすると良いのでしょうか?

肝臓に優しい生活をしていくということは、肝機能を改善することに繋がります。そこで食生活はもちろんですが、適度な運動を心掛けるようにしていきましょう。

というのも運動を全くしないでいると肝臓に脂肪が蓄積されていき「脂肪肝」となってしまうからです。運動をし脂肪を燃焼させて、肝臓に脂肪が蓄積されないようにする必要があるのです。

特に家族に肝臓病の人がいる場合、同じような生活リズムになっている可能性があるので、特に注意が必要です。

その上で、肝臓に負担がかからない食事や肝臓の働きを助けてくれる食べものを食べること。また、手軽に栄養を補給できるサプリメントを活用するのも良いでしょう。


肝機能について学ぶ

肝臓病は、遺伝するのか?

肝臓病は、遺伝するのか?